東京・神奈川・埼玉・静岡で建築設備定期検査・特定建築物定期検査なら|千野測量建築事務所
登記・測量・調査
t1

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士

不動産登記は『表示に関する登記』と『権利に関する登記』という大きく2種類に分けることが出来ます。表示に関する登記とは土地・建物の物理的な情報(土地・建物の所在、利用状況、面積)を記録することを言います。

表示に関する登記は土地家屋調査士が皆様の代理人となり申請をします。
それに対して、権利に関する登記とは上記のように表示された土地・建物に対して、誰がその物件を所有しているか、どんな抵当権があるのかなど、人や法人の権利関係を記録することを言います。
権利に関する登記は司法書士が皆様の代理人となり申請をいたします。

土地家屋調査士とは皆様に代わって土地・建物の調査・測量を行い、不動産表示登記を申請することを業務とする専門家なのです。

不動産登記とは?

b73ca0c00e28e6c59bd7301716e2ed91_s

国民の所有する土地や建物を登記簿と言われる帳簿に記録し、土地・建物の所在地、利用状況、大きさ、権利関係の移り変わりを正確に公示することにより、国民の生活や不動産取引を円滑に進める事を目的としています。

また、国や地方公共団体の課税に関する情報源でもありますので、登記制度は街づくりの基本とも言えます。

Contents Menu
無料見積もり
事務所概要
  • 〒252-0131
    神奈川県相模原市緑区西橋本
    2-19-20 リシェス橋本B102
  • TEL
    042-703-1480
    FAX
    042-703-1480
    Mobile
    080-1034-6226
    Email
    tchino_office@ybb.ne.jp

最近の記事

  • 2017.7.28

カテゴリー