東京・神奈川・埼玉・静岡で建築設備定期検査・特定建築物定期検査なら|千野測量建築事務所
  • 建築設備定期検査・特定建築物定期調査
  • 土地と建物の登記測量

建物の調査、検査は建物に最も詳しい『一級建築士』に依頼しましょう!

建物

劇場や百貨店、ホテル、病院、物販店、共同住宅、事務所ビルといった、常に多くの人が利用し、万一大きな火災等が発生すると思わぬ大災害につながってしまう可能性がある建物を「特定建築物」と言い、万一の事故を防ぐために資格者が防火区画の適切な設定、避難経路の確保、前面空地の確保、設備などの安全対策がなされているか、さらに安全対策、設備が正常に機能するかを調査を行う必要があります。

建築物の躯体や外壁、設備などは経年劣化により老朽化し、ひび割れや浮き、爆裂、バッテリー不良などにより実際に外壁タイルが落下する事故や、老朽化した看板が落下する事故、またいざ火災が起こった時に設備が機能しないために死傷者が発生する事故などを未然に防ぐためにも、定期的な調査、検査で建築物の劣化状況を把握し、建物の良好な維持管理に努める必要があります。

私たちは、建築・設備に関し、経験と知識が豊富な一級建築士がお客様の所有する建物に伺い、適切な調査・検査を行い関連機関への報告も行っております。当事務所では必要な調査・検査を、他社よりも取り組みやすい適正な金額で行いますので、お気軽にご相談ください。

一級建築士に建物の調査、検査を依頼するメリット

調査・検査は特定の講習を受けた「特定建築物調査員」や「建築設備検査員」でも行えますが、調査、検査を行うには経験と知識が必要であり、建築や設備の本当の意味でのエキスパートは一級建築士、二級建築士であります。

建物

建築士であれば特定建築物調査員、建築設備検査員に比べて建築全般にかかる豊富な知識と経験を有しており、中でも一級建築士は特に優れた知識と判断力を持って対応ができます。

確かな調査、検査を実施するためには建物を一から作り上げてその建設過程に携わり、その後のメンテナンスまで知識がある一級建築士が検査することが最も確かな検査ができると言えるでしょう。

当事務所では大手建設会社での豊富な施工、設計経験を持った一級建築士が検査に対応します。お客様の大切な建物の重要な調査・検査を依頼するのであれば、一級建築士への依頼が最も安心できます。

建物設備定期検査について詳しく見る
特定建築物定期調査について詳しく見る

Topics

  • 2017.7.28
Contents Menu
無料見積もり
事務所概要
  • 〒252-0131
    神奈川県相模原市緑区西橋本
    2-19-20 リシェス橋本B102
  • TEL
    042-703-1480
    FAX
    042-703-1480
    Mobile
    080-1034-6226
    Email
    tchino_office@ybb.ne.jp